前期母親教室(マザークラス)に行ってきた!内容・感想など紹介します!

母親教室



こんにちは。@mamastudycom です!(フォローお願いします!)

先日通っている産院の母親教室に行ってきました。

内容や感想をご紹介します!

まず母親教室とは?

妊婦さんが妊娠・出産について専門家から知識を得たり、情報交換ができる教室です。

今回私が行ったところのように病院で開いているところもあれば、各自治自体で開いているところもあります。

基本的に母親教室は妊婦さんご自身で参加するものですが、体調や事情によっては旦那さんも参加されることもあるそうです。

教室は基本的無料なので妊娠・出産について学びたい、知識を身に付けたいという方は参加して損はないと思います。

前期母親教室の内容

大体は一緒ですが、細かい部分は病院(産院)によって内容が異なると思うので、今回は私が受けた母親教室の内容をご紹介します。

前期母親教室の内容
  • 妊娠のしくみ
  • 妊娠期の体の変化
  • 妊娠期の栄養・食事の摂り方
  • 妊娠期の栄養管理方法
  • 病院食について
  • 森永乳業さんの妊娠アイテム紹介

ざっくり書くとこんな感じです。

部屋は病院のキッズルームで椅子が並べてありそこに座ってビデオを見たり、お話を聞いたりします。

今回は栄養のことがほとんどだったので、病院の栄養士さんと森永の栄養士さんが講師でした。

ちなみにノートを持って行きましたが、こんな感じに資料を色々もらえるので不必要でした。

所によっては資料がないところもあるのでノートは一応持っていくといいのかも。

書き込むペンはあってよかったです。

妊娠のしくみはビデオで学ぶ

最初に妊娠のしくみや初期症状・体の変化についてのビデオが流れるので鑑賞します。

正直、もう過ぎたことじゃないか・・・と思っていたのでポケーッと流し見な感じで見てました(笑)

周りのお母さんも窓見たりしていたので、おそらく同じことを考えているにちがいない。

妊娠中に注意することや体の変化について

ビデオが終わると、栄養士さんから以下のことを学びます。

  • 妊娠と体の生理的変化
  • 妊娠期の疾患

これは、学んでよかった!

今は便秘以外悩みがないけれど、妊娠中は何が起こるかわからないから事前に予防でできることを教えてもらえたので自分の生活習慣や食生活を見直すきっかけになりました。

例えば、妊娠糖尿病は赤ちゃんが巨大化(4000g以上)するリスクがあるので、予防するなら糖質の摂りすぎには注意しようという内容でした。

この前、スイーツビュッフェ行ってギクッとなったので甘いものをとるときは気をつけようと改めて思いました(笑)

妊娠期の栄養について

次に、妊娠期の栄養について教えてもらいました。

  • 積極的に食べたい食品
  • 控えたい食品
  • 妊娠期の栄養バランス

細かいタイトルはこんな感じ。

妊娠期は、妊娠前に比べて食べたほうがいいものと控えたほうがあるので、栄養士さんから説明してもらえると信用できるし勉強にもなりますよね。

妊娠した時にみんな調べることだと思うけど、専門家から聞くのが一番いいと思います。

積極的に食べたい食品
  • 牛乳・乳製品(カルシウム・ビタミンB2)
  • 魚・肉・卵(鉄・たんぱく質・ビタミンB1・B6・B12)
  • 納豆などの豆類(たんぱく質・ビタミンK・B2)
  • 緑黄色野菜(葉酸・繊維質・ビタミンA※)

※ビタミンAはβカロテンなら摂り過ぎても問題ないですが、レチノールは肝機能障害や胎児に影響を与えやすいので摂り過ぎ注意とのことでした。

控えたい食品
  • アルコール
  • コーヒーなどのカフェインの摂り過ぎ
  • 食後すぐの緑茶
  • 糖分の多いお菓子

アルコールやカフェイン摂りすぎがよくないのは知ってたけど、食後すぐの緑茶にはびっくりした!

たまに水出し緑茶を食後にごくごく飲み干すのですぐにやめようと思った(笑)

なんでも、緑茶に含まれるタンニンが鉄分の吸収を妨げてしまうそうですよ。

妊娠中は血液も必要だし貧血にならないように気をつけなければいけないから、みなさんもお気をつけて!

体重管理はまずBMIを把握する

妊婦さんって体重管理にきをつけろって言いますよね。

私も毎日測ってはいるのですが、いまいちどれぐらい増えたらいけないのかがわからない(笑)

そこで教えてもらったのが自分のBMIを把握することです。

BMIを把握して自分がどれぐらい増えてよくてどれぐらい増えたらいけないのかがわかります。

例えば私はBMI18.4未満なので10〜12kgぐらいが体重が増えてもいい目安だそうです。

戻すことを考えると10kgは増えたくないなーと思ってるので厳しく管理しようと思う!

妊娠中は魚をとれ!

魚の油に含まれるDHAやEPAは血液をサラサラにしたり生活習慣病予防にいいと言われていますよね。

さらに、DHAは赤ちゃんの脳を成長させるために必要な大切な材料なので魚は積極的にとったほうが良いと言われています。

これは私も知っていて、最近魚を積極的に食べたりDHAサプリメントを飲んだりしています。

魚は他にも、良質なたんぱく質が豊富で、各栄養素の吸収や代謝を助けるビタミン群・カルシウムなどのミネラルが豊富なので積極的に食べたほうがいいと栄養士さんが言っていました。

しかし、魚によっては妊娠中・授乳中避けなければいけない水銀を多く含む魚もいるので食べる種類と量は気をつけなければいけません。(ムズカシー)

ちなみに注意が必要な魚と食べても安心な魚がこれです。

注意が必要な魚
  • キンメダイ
  • メカジキ
  • 本マグロ
  • メバチマグロ
  • マカジキ
  • インドマグロ
  • イシイルカ
  • ヨリキリザメなど

主に大きな魚は避けたほうがいいそうです。クジラ・サメ・イルカなんて食べる機会滅多にないからいいけど、キンメダイやマグロは食べれないの悲しいな。

食べても安心な魚
  • ツナ缶
  • アジ
  • サバ
  • イワシ
  • サンマ
  • ブリ
  • カツオ
  • キハダマグロ
  • ビンナガマグロ
  • メジマグロ

ほとんどスーパーに販売されているレギュラーメンバーで安心しました(笑)

最近は鯖缶とかイワシ缶とか缶詰系の魚のレシピが流行ってるらしいですよ♪

教室では他にも魚の食べる量やおすすめレシピなどもおしえてもらいました。

病院食について

これは私が通っている病院の病院食について教えてもらいました。

和洋中あるよーとか、スイーツがでるよーとか、母乳の出をよくするために汁物などの水分は三食だすよーとかです。

他にも、人によって症状や体質が異なるのでそれぞれに合わせた病院食を作っているということを教えてもらいました。

献立も見せてもらいましたが、きちんと栄養管理がされているし、内容も美味しそうなのでちょっと楽しみです(笑)

病院のことを知れるのも母親教室のいいメリットだと思います。

森永の栄養士さんのアドバイス

母親教室で森永の製品を3つと食物繊維ドリンクをいただきました。

製品は妊婦さん・授乳しているママさん向けのもので、一つ一つ特徴や栄養のことも踏まえて紹介してくれます。

内容的には最初の栄養士さんと同じような内容だったのでサラーっと聞く感じで終わりました。

でも、無料の母親教室でお土産がもらえるとは思わなかったので嬉しかったです。

母親教室は行かなくてもいい?

母親教室は行かないと支障がでるということはありません。

ぶっちゃけ、ネットや本に書いてある内容って感じなので(笑)

しかし、参加することで生活習慣を改めようと意識改革ができますし、リフレッシュにもなると思います。

ママさんと交流する母親教室もあるので、悩みや妊婦あるあるを共感してママ友ができるというメリットもあります。

ところによっては、お土産ももらえちゃいますしね。

任意参加であれば、行かないという選択肢もありだと思いますが、私は意外と知らないことも発見できたので行ってよかったと思っています。

後期もあるのでそれも行こうかなと思っています。

参考になれば嬉しいです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です