名古屋ラシックのファミリアのマタニティセミナーイベントに参加してきた!

名古屋ラシックのファミリアのマタニティセミナーイベントに参加してきた!



こんにちは、とりん(@mamastudycom)です!

昨日は夫とファミリアのマタニティイベントに参加してきました!

かなりためになったのでプレママ・プレパパさんには是非ともおすすめしたいです。

早速レポしていきますー!

ファミリアのマタニティセミナーの予約方法

マタニティセミナーを受けるには予約が必要になります。

ファミリアマタニティセミナー

↑上記のページにイベントの詳細が記載されています。

自分が行ける開催場所をしぼって予約日時を選択します。

受付終了になっているところは予約できませんが、空席があれば予約可能です。

すぐ埋まりやすいのでこまめにチェックしておくといいです。

ちなみに私は1ヶ月前に予約確保できたので、いきたい月の1ヶ月前から予定表をチェックしておくといいと思います。

ファミリアのマタニティセミナー内容

私たちが参加した日は、たまたま私たちだけしかいませんでしたが、他の参加者ともかぶることはあるようです。

持っていくものは特にありません。手ぶらで受けられます。

メモしたい方はノートとペンがあるといいかもしれません。

ファミリアマタニティセミナー
マタニティセミナー内容
  • 肌着の種類・着せ方
  • 布おむつについて
  • 沐浴の仕方

所要時間は1時間ぐらいです。

肌着について

まずは肌着について教えてもらいました。

赤ちゃんは寝るときに、腕をばんざいして(Wの形)足はガニ股(Mの形)をして寝るのでWM型で寝るといわれています。

ファミリアの肌着はその形に基づいて作られているので赤ちゃんにとって快適なつくりになっているんだとか。

ファミリア短肌着

https://www.ec.familiar.co.jp/products/detail.php?product_id=5906

他にも、縫い目やタグが外になっていたり、大人の腕でも入るぐらいの袖の伸縮性がいいので、動きやすく3〜4ヶ月まで使えるんだそうです。

ちなみに上の写真は短肌着。これは年中使えるので3〜5枚あるといいらしい。

ファミリア長肌着

https://www.ec.familiar.co.jp/products/detail.php?product_id=5922

こちらは長肌着。長肌着は足まで隠れる肌着で、体温調節目的で使われます。なので主に冬生まれの赤ちゃんにおすすめらしい。

着方としては短肌着の上に着せる感じ。ただ、足が別れていないのでベビードレス やツーウェイオールのときしか着させられないというデメリットがあります。

ファミリアカバーオール肌着

https://www.ec.familiar.co.jp/products/detail.php?product_id=5933

こちらはカバーオール肌着。足が別れているタイプの肌着です。

重ね着もしやすいし、足の動きも妨げないのでこちらも枚数持っていると使えるそうです。

ちなみにファミリアにはコンビ肌着はないそうです。

ファミリアの肌着は素材にも種類があって、ピュアベビー肌着というシルク素材でできているものや、通気性のいいメッシュタイプ、暖かくチクチクしないウールタイプなどがあるので赤ちゃんの生まれる月に合わせて肌着が選ぶことができます。

ベビーウェアについて

ベビーウェアは大きく分けて三種類ぐらいあります。

ファミリアベビー服

https://www.ec.familiar.co.jp/products/detail.php?product_id=5949

まず、ベビー服!ワンピース型になっているのが特徴。

着させやすいし、オムツ替えもしやすいので新生児にはむいてるとのこと。

サイズは50ぐらいで3ヶ月ぐらいまでつかえるらしい。

中に長肌着も着せやすい。

ファミリアカバーオール

https://www.ec.familiar.co.jp/products/detail.php?product_id=340609

こちらはカバーオール!足が分かれているので、赤ちゃんが動きやすいし抱っこしやすい。

ずれにくいので、お出かけのときに使えるウェアになります。

ファミリアツーウェイオール

https://www.ec.familiar.co.jp/products/detail.php?product_id=642702

こちらはツーウェイオール。足元のボタンをつけかえれば、ベビー服にもカバーオールにもなれる優れもの。

50〜60サイズでも4ヶ月近くまで使えるので一番買う率が高いらしいです。私もこれがほしい!

ファミリア胴着

https://www.ec.familiar.co.jp/products/detail.php?product_id=5971

こちらの胴着は体温調節にとっても便利なアイテム。

肌着の上に着ると暖かいので冬生まれの赤ちゃんにはおすすめだそうです。

ベストとしてもつかえるので最長10ヶ月ぐらいまでつかえるので重宝するらしいですよ!

ウェアの着せ方

ファミリアマタニティセミナー

ウェアの着せ方についてレクチャーしてもらっている主人。

こちらはツーウェイオールの着せ方について教えてもらっています。

ポイントは赤ちゃんの腕をひっぱらないようにすること。袖をまくしあげて赤ちゃんの腕を通すように着せるのがいいらしい。

肌着と一緒に着るときは、肌着とウェアをあらかじめ重ねて置いて一度に着ると赤ちゃんも不快な思いしないんだって。

↑詳しい着せ方はこちら。

布おむつについて

赤ちゃんは1日に15〜16回おしっこやうんちをするそうです。10回だと思ってたので回数に驚いた!

なので、ずっと紙おむつよりも、紙おむつと布おむつを併用して使うことをファミリアでは推奨しています。

そのほうが肌と環境に優しいからだそうです。

ということで布おむつの種類や着せ方について学びました。

おしっこやうんちを受け止めるのは輪型おむつコンパクトダイアパーになります。

触ってみた感じだと、コンパクトダイアパーのほうがはかせやすそう。輪型おむつはコンパクトダイアパーよりは安いけど中に織り込んだりしなきゃいけないので少し面倒です。

オムツカバーは漏れないようにこぼれ止めがついていたり、足が動きやすくなっていたり、洗濯の時マジックテープのところに糸くずがつかないようにと工夫がされているかんじでした。

沐浴の仕方

ファミリアマタニティセミナー

最後に沐浴の仕方を習います。

赤ちゃんは生後1ヶ月浴槽ではなくベビーバスでのお風呂を推奨されるのですが、その理由としては普通のお風呂に入ると水圧がかかって体に負担がかかるのが一点と、お肌や衛生的に大人とのお風呂はまだ避けたほうがいいからとのことでした。

確かに私たちでも大きなプールとか入ったらすっごく疲れるもんね。納得です。

1ヶ月検診のときに病院の先生からOKがでたら大人と同じ浴槽でいいとのことでした。

 

お風呂に入る前は、まず健康チェックをします。

熱があった場合は入浴は避けたほうがいいとのこと。

また、授乳直前や直後の沐浴は避けたほうがいいので授乳したら30分あけたほうがいいらしいです。

沐浴は5〜6分であげるので、赤ちゃんを風邪ひかないようにするために事前にタオル・おむつ・肌着・ベビーウェアを用意しておくとスムーズに事が進むとのことでした。

沐浴の仕方は動画でも紹介されています。

ポイントとしては

  • お湯は38〜39℃
  • 洗面器は大人と別のものを使う
  • 洗面器に用意するお湯は39〜40℃
  • オボロタオルを体にかけてあげると安心する
  • 泡状の洗剤の方が使いやすい
  • 耳の後ろや顎下などはミルクやよだれがたれやすいから念入りに洗う
  • お腹は時計回りにそって洗う。

個人的に洗面器をわけたほうがいいっていうのは驚きでした。

衛生面的にわけたほうがいいらしく、これに関しては1ヶ月たってもわけたほうがいいらしいです。

ファミリアのマタニティマークがもらえました

ファミリアマタニティマーク
ファミリアマタニティマーク

セミナーの参加プレゼントとしてファミリアのマタニティマークがもらえました。可愛い!

保健所でもらえるやつもかわいいけど、こっちのほうがデザイン的にバッグにつけやすいです♪

かなり勉強になったファミリアのマタニティセミナー

一時間マンツーマンで教えてもらえたし、内容が充実していたのでかなり勉強になりました。

これを受けるまでは肌着の種類とか着る組み合わせとか、全くわからなかったのですが、セミナーを受けて種類の違いや組み合わせ方などを理解できたので、自信もってベビー用品を買いに行けそう!

私の地域や病院では父親学級や両親学級がないので、沐浴の仕方とか夫ができるか心配だったのですが、ファミリアのイベントのおかげで習う事ができたのでホッとしました。

無料だし、別に何か買わなければいけないというわけではないので気軽に参加できると思います。

気になるプレママさんやプレパパさんはぜひ行ってみてください♪

ファミリア

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です