産婦人科は今すぐエコー動画オンライン閲覧サービスechodiaryを取り入れるべき!



こんにちは!

妊娠してから毎回の検診が楽しみになりました。

不安もあるけど、病院行くのが楽しいって思うこと人生であんまりないんじゃないかな(笑)

さて、妊娠4ヶ月ごろから妊婦健診になったのでお腹の上からエコー(経腹エコー)が見られるようになりました。

ちなみに、初期の頃は下から見る経膣エコーです。足をガバーと開かれるやつです。

経腹エコーになると動画をいただけるのですが、私が通っている産婦人科ではエコー動画をネットで閲覧したり、動画をダウンロードするサービスを取り入れているんです!

わたしの弟のエコー動画のときはVHS!だったのですが、時代は変わった!

エコー動画オンライン閲覧サービスechodiary

私が通っている病院で取り入れているのが、echodiaryというサービスです。

(ちょっと病院名は伏せます。)

妊婦健診で撮影したエコー動画をネット環境があれば、スマホやパソコンからいつでもどこでもみれちゃうサービスです。

WEBでの閲覧なので特にアプリなどは必要ありません。

サイトにアクセスして、診察券番号と生年月日を入力してログインするので、誰でも見られるわけではないのでご安心を。

ログインするとこんな感じです。(これはPCからみた画面)

再生を押せば動画が再生され、ダウンロードを押せば動画データでダウンロードできます。

保存期間が録画日から90日なので残しておきたい方は早めにダウンロードするのがいいと思います。

ただ、書いてある通りiPhoneではダウンロードすることができないのが残念ポイント。

私はiPhoneユーザーでダウンロードできないので、PCからダウンロードしてパソコン上のLINEで夫や母に動画を共有しています。

まあ、スマホで動画ダウンロードするとデータ容量もくうので、パソコンでダウンロードして保管しておくのがいいと私は思います。

echodiaryのいいところ

録画したらすぐ見られる

検診が終わると看護婦さんに「動画一応チェックしてみてくださいねー!録れてなかったらもう一回録らなきゃだから♪」と言われすぐチェックしたら見ることができました。

検診して1分ぐらいしか経ってないのにチェックできたんですよ!すごくないですか!

待合室で2回ぐらい夫とみました(笑)

すぐ見られると検診の余韻に浸れるから嬉しいですね。

モノが増えない

産婦人科院によっては、エコー動画をUSBやDVDで共有するところもありますが、モノが増えちゃいますよね。

私は、あまりモノが増えるの好きではないし、大切なものを管理するというタスクが増えるのも嫌なので、エコー動画共有がechodiaryで本当によかったです。

夫婦揃って、写真も動画もクラウド管理派なので私たちに合ってるサービスでした。

家族に共有できる

エコー動画のデータがあれば、家族にすぐさま送って共有することができます。

昔は動画荒かったし、送るのも大変だったからいい時代だなとしみじみ思います。

私は夫と母に送っています。夫は自分の母に送ってくれてるみたいです。

お互いの実家に行くと「動画見たよー!元気だねー!もうそろそろ性別わかってもいいよねー!」なんて話してくれますし、離れてても近況を把握できるから喜んでもらえます。

産婦人科院はechodiaryを取り入れてー!

echodiaryじゃなくても別にいいのですが、今の時代エコー動画はオンラインで閲覧・共有するべきです!

こんな、便利で良いサービスない!

スマホを手放せない人がほとんどだし、動画共有も今流行ってるから、全国の産婦人科院が取り入れてほしいなと切実に思いました。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です