【妊婦でも簡単にできる筋トレ】ふくらはぎのむくみやこむら返りにはカーフレイズがおすすめ!

【妊婦でも簡単にできる筋トレ】ふくらはぎのむくみやこむら返りにはカーフレイズがおすすめ!



こんにちは、とりん(@mamastudycom)です!

私は普段足が攣ったり、むくみもそんなにないほうなのですが、ここ最近はお腹が大きくなってきたせいか足がつりそうになったり、重みを感じて疲れを感じるようになってきました。

なので、寝るときは必ず着圧ソックスを履いて寝るようにしていますが、それでもまだつりそうになります。

色々調べてみたところ、カーフレイズというふくらはぎの筋トレがこむら返りやむくみに良さそうだったので、試したところ簡単でどこでもできるので皆さんにもシェアしたいと思います。

妊婦のこむら返りやむくみの原因

妊娠すると様々なマイナートラブルが起こりやすいですが、その中でも多いのがこむら返りやむくみになります。

では、なぜ妊婦さんはこむら返りやむくみが起こりやすいのでしょうか。

まず、こむら返りとはふくらはぎの痙攣のことで、いわゆる“足がつる”ことをいいます。

もちろんふくらはぎ以外の痙攣もこむら返りといいますが、ほとんどがふくらはぎだそうです。

どんな方にもこむら返りは、起こる可能性がありますが、妊婦さんは特に症状が現れやすいといわれています。

理由①ミネラル不足

カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが不足すると筋肉が痙攣しやすくなります。

妊婦さんが夜こむら返りになりやすいのは、寝ているときに汗をかいたりして血液の濃度が高くなり、巡回しにくくなるためです。

水分補給や牛乳・小魚・海藻類などを食べると予防につながります。

理由②ホルモンバランスの乱れ

妊婦さんはプロゲステロンという黄体ホルモンの働きによって血流が増えます。

そしてお腹が大きくなりにつれて血管を圧迫するので血が回りにくくなるので、足に血液がたまりこむら返りを引き起こすといわれています。

理由③骨盤の歪み

お腹が大きくなると、歩き方や姿勢が変わったり、ホルモンの働きによって骨盤が緩んできます。

そうなると、足の筋肉や腹筋・背筋など他の筋肉に負担がかかるため、こむら返りに繋がりやすいそうdす。

こむら返りやむくみ解消につながる筋トレカーフレイズがおすすめ!

足を温めたり、水分や栄養をとったり、軽い運動をするのもこむら返りやむくみ予防につながりますが、いつでもどこでも簡単に行える予防方法があります。

それはカーフレイズという筋トレ方法です。

足首のスクワットといわれているトレーニングで、足首とふくらはぎに効果があります。

やり方は簡単!

  1. 肩幅ぐらい足を広げて立ち、息を吐きながらかかとをあげて、つま先立ちになります。(4つのカウントであげる)
  2. 息を吸いながら定位置に戻ります。(4つのカウントで下げる)
  3. 戻したときかかとを完全に床につけず、少し浮かせるのがいいです。
  4. 1〜2を繰り返します。

これだけ!15〜30回ぐらいやります。

動画はダンベルを持っていますが、別に持たなくてもOK!

慣れない方は壁などにつかまってやるといいと思います。

いつでもどこでもできるので私は、ドライヤーで髪を乾かす時や歯を磨く時、スキンケアのときにやっています。

最初はなんだこれだけ?と思うのですが、繰り返していると地味にきつくなってきます。

でも、寝る前とかにこれやると翌朝足がものすごく軽くなるし、こむら返りもしにくくなったので効果は感じています。

ふくらはぎは第二の心臓と言われているので、ここを鍛えるだけで血流もよくなってむくみにくくなるので非常におすすめです。

※つわりがひどい方や、お腹にハリがある方、子宮に問題を抱えている方、お医者さんから注意されているは筋トレを避けてください!

ふくらはぎに限らず、下半身は鍛えておいたほうが、お産もスムーズになりやすいといわれているので是非お試しください♪

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です